退職届の書き方、円満退社を目指し新しい門出をスムーズに退職届けのサンプル、雛形はこちらのサイトから

退職辞職届

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME退職後 > 退職後手続き ]

退職後手続き

< 退職後手続きの記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


     退職後手続き

 退職後の手続きの煩雑さは少し骨が折れるかもしれません、まず健康保険から社会保険への移行、また税金や確定申告の問題。

 住民税や、はたまたハローワークでの退職手続き、そして退職後の生活のための資金の問題。

 いずれにせよ、金額的問題が、定年退職に限らず退職後に降りかかって来ます、すでに次の就職先や、年金等を当てにでき、蓄えがある方もお出ででしょうが、しかし現実的にはそのような方も少ないのが現状でしょう。

 具体的な退職後の手続きは、退職後手続きでご覧いただければ結構ですが、しかしこれは一時期の煩雑さのみで、それからの生活はどうして行くのか?その問題を逐一書き綴って見たいと考えます。

よく、こんな会話があります、 「○○さん退職後はどうなさるのですか?」

そして「私は退職後、自営業に勤しみます」また「定年退職後はしゆっくり考えます」

 しかし上記の場合は退職という現実に前向きなイメージですが、単純に『退職後』という言葉から連想されるのは、やはり少し寂しい・・・・

そして不安、もちろん退職後の不安を煽るわけではないのですが、一般のイメージからは、日本的に考えて、どうしても退職という響きは『不安と寂しさ』がついてまわるようです。

 今回の退職辞職をどれくらいの人が『新世界に飛び出すのだ!』と前向きな姿勢で取り組む人がいるのか?

 常に前向きに夢をしっかりと持ち、いかに思考を現実かするか、またある意味で初心に戻ることできれば可能かもしれません。

 しかし口で言うのはたやすいことですが現実的にはどうする?退職後・・・・・・・

 退職後手続き




< 退職後手続きの記事の続きはココから >
< 退職後手続きの記事はココまで >
| カテゴリ : 退職後 | 2008.03.17 Monday 15:11 | - | - |
[ HOME退職後 > 退職前と退職後 ]

退職前と退職後

< 退職前と退職後の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


     退職前と退職後

 退職前と退職後に行うことが当然にあり、まず定年退職ならびに中途退職の場合、また独立、起業を目指すようであれば、まずサラリーマン時代にやっておくことがある。

 ■ 一番重要なこととして、生活費などの金銭的なことをしっかり把握する、つまり自分の今の生活を総ざらいしてしっかりとした金銭的感覚をつかむ。

 ■ 社会保険が有効な場合ですから、時間をとって身体の悪いところは治しておく。

 ■ 資格が必要であれば、すでにサラリーマン時代に取得し、運転免許なども必用であれば取得する。

 ■ サラリーマンという信用があるうちにクレジットカードを作ったり、ローンを組んでおく。

 ■ 独立・起業といった事を起こす前に、必ず家族の了承を得ておく、これが一番重要です。

 退職辞職を提出し、独立・起業するということは企業、会社という傘下をはなれ丸裸に近い姿にあることを覚悟せねばいけません、つまり会社を辞めるまでに十分な用意周到に心がけるべきです。

 独立、起業とは世間の風雨にまともにさらされると考え、淡い夢や捕らぬ狸の皮算用であってはいけません、より具体的により計画的でなくてはいけません。

 とにかくサラリーマン時代に出来ることを、そしてサラリーマン時代だからこそ出来ることを紹介したいと思います、ではまた明日以降、自分の生活の総ざらいとは?について考えたいと思います・・・・
< 退職前と退職後の記事の続きはココから >
< 退職前と退職後の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職後 | 2008.08.14 Thursday 18:00 | - | - |
[ HOME退職後 > 退職後の生活費の算出 ]

退職後の生活費の算出

< 退職後の生活費の算出の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


     退職後の生活費の算出

 会社を退職辞職するということは、サラリーマンでなくなるということは、当然に安定した収入が得られないということを意味します。

 目指した事業がそれこそ、今までの月給では考えられないほどの収入をえるかもしれない、また仮にそうであっても、当面の間は収入が0の状態も考慮する必用がある。

 また、サラリーマン時代は奥さんに家計簿を任せたりしていたかもしれませんが、この家計のやりくりも奥さんと2人でじっくり考える必用があります。

 平均的にどれだけの収入があって、どれだけ支出があるのかを、また現在どれだけの蓄えがあるのかも含め、家計簿を必ず数ヶ月はつける癖をつけるべきだ!!

 実はそんなこまい事に係わりたくない、仕事を増やすことが先で、帳簿関係は後回し・・・と考える人も多いのです、特に、サラリーマン時代は営業一筋、技術端一筋の方が、独立、起業する場合が多いので、ことさら『俺、帳簿つけるのは苦手』といって後回しにする傾向が強い。

 だが、このどうでも良いような帳簿ならびに家計簿の記帳がとても大事なことは後日になってよく判る事ですが、とてもこの些細と思われる行動があなたが、独立し起業する上でかなり重要なファクターとなります。

 まあいずれ、このことの重要性はともかく、この家計簿付けで注意することは、天引き貯蓄などを含んだ手取り収入で考える、またボーナスなどを含んだ年収の1/12の月収として考えることが重要ですし、住宅ローン、自動車ローンでのボーナス支払いも勘定に入れます。

 とあれ、我が家は『最低これだけは必用!!』という金額をまずはじき出しましょう。

    現状の家計の把握
家計簿の把握


< 退職後の生活費の算出の記事の続きはココから >
< 退職後の生活費の算出の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職後 | 2008.08.15 Friday 12:02 | - | - |

RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

退職届,退職願,退職後,定年退職