退職届の書き方、円満退社を目指し新しい門出をスムーズに退職届けのサンプル、雛形はこちらのサイトから

退職辞職届

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME退職社員送別会あいさつ > 退職社員送別会(はじめのあいさつ) ]

退職社員送別会(はじめのあいさつ)

< 退職社員送別会(はじめのあいさつ)の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


退職社員送別会(はじめのあいさつ)

■ 会社を退職する一抹の寂しさ、退職に至る過程は人それぞれに違いはあったも、送る言葉は優しく、そして新天地での奮起を促すような言葉をもって送ってあげましょう。

嬉しい 退職社員送別会(開催のあいさつ)

 高橋さん、長い間大変ご苦労様でした。
 入社以来、12年間に及ぶお付き合いで、よく海外出張も一緒にしたせいか、高橋さんがこの職場からいなくなるということが、未だに信じられません。

 高橋さんのエンジニアとしての技量は、社内はもちろん、社外でも広く知られたところで、我が社ひいては協力会社様にも大きな損失であることは間違いありません。

 もう高橋さんのようなエンジニアを失い、それを充当するには残された私たちが必死の思いで成し遂げるしかありません。

 しかし高橋さんの、親様の課業を継がなければならない事情もよく分かりました、環境も違う、立場も違う大変なお仕事と存じ上げます。

 私たちは、高橋さんの新しい門出にエールを贈りたいと思います。

今日は高橋さんの門出を記念して、一献傾けたいと思います。飲み放題とのこと、遠慮せず存分に楽しんでください。

退職・辞職はそれぞれ複雑に込み入った感情も交差するものですが、仮に納得できない事情の退職・辞職であっても、送別会では温かな言葉で送り出すのが最低の礼儀ですね。


< 退職社員送別会(はじめのあいさつ)の記事の続きはココから >
< 退職社員送別会(はじめのあいさつ)の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職社員送別会あいさつ | 2007.12.03 Monday 09:38 | - | - |
[ HOME退職社員送別会あいさつ > 退職社員送別会・送る挨拶 ]

退職社員送別会・送る挨拶

< 退職社員送別会・送る挨拶の記事はココから >
JUGEMテーマ:ビジネス


 定年で会社を退職してゆく、人生の先輩に経緯を表し、長年の功績をたたえ、退職がこの会社との別れではなく、末永くつき合えることもお話ください。

 おそらく、会社の社長さんなどが、退職社員の送別会の送る挨拶を行うかもしれませんが、社長といえども、しっかり礼儀を尽くした、送る言葉を使ってください。

 定年退職者送迎会 送る言葉

『この度の、渡邊秀夫さんの定年退職にあたり、一言ご挨拶を申しあげたいと存じます。
 渡邊さんは、当社一筋、先代の社長の時代から、当社で活躍し、まだ若かった私どものご指導をなさったり、私としては、兄のような存在でした。
 また、あの40年代後半のオイルショックや、そして未だ記憶に新しい、バブル崩壊期においてもひたすらに、当社を支え、私、役員の中でもひときは、営業戦略においてはぬきんでた存在で、未だ、会社内にとどまらず、会社外でも、その手腕の見事さは語りぐさとなっているほどです。
 私としては、兄、兄弟のように慕っており、会社に是非残ってほしいと懇願しましたが、本人のこれからは、静かな余生を過ごしたいという旨が硬く、定年を境に、一線を退きたいとのことです。
 お引き留めが失礼であれば、長年の疲れを癒し、第二の人生を静かに送っていただきたいと存じます。
 渡邊さん、長い間本当にご苦労様でした、当社のために尽力くださったことを、残された我々は忘れることはありません、ここを自分の家だと思い、いつでもご指導、ご鞭撻を賜りたいと思います。』



< 退職社員送別会・送る挨拶の記事の続きはココから >
< 退職社員送別会・送る挨拶の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職社員送別会あいさつ | 2008.01.28 Monday 13:41 | - | - |

RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

退職届,退職願,退職後,定年退職