退職届の書き方、円満退社を目指し新しい門出をスムーズに退職届けのサンプル、雛形はこちらのサイトから

退職辞職届

SponsoredLink
新着記事

Favorite Link
記事検索

Categories
[ HOME退職届の書き方 > 退職届 ]

退職届

< 退職届の記事はココから >
退職に伴う退職願いの書き方の前に、普通には言葉の例え通りに「飛ぶ鳥後を汚さず」ですが、退職の場合もいろいろな問題をしっかり片づけるのが裁定のルールです。



 この退職時期は、とかくトラブルも多い場合も考えられます。


 退職での絶対にこうしなければいけない、といった特別な縛りや、ノウハウがあるわけではないですが、やるべきことはしっかり行い、退社する会社側には不快な行動ならびに言動は慎みたいものです。


■ 退職願いの書き方の前に!


 退職願いの書き方書式様式または文例に法的には決まりはありませんが、一般常識的退職願いの書き方があります。


 また、退職する会社にすでに、所定の様式がある場合もありますので、退職する会社の書式に従って書けばいいことです。


 しかし特別な書式を用意していない場合は、下記のことを注意して退職願いを書いて下さい。


1,用紙は無地で罫線のないもの


2,封筒も同じで白の無地


3,ペンは普通には万年筆やサインペン、またはボールペン。


※ ワープロは厳禁!!



■ 退職願いの書き方

 まず冒頭は「退職願」い、はつけない! もしくは「退職届」、ご存じのとおり、「願い」と「届け」には思った以上に相手に伝わる、雰囲気が違いますので、少し強めに退職する気持を伝える場合意はやはり「届け」でしょう。


 しかし相手を思いやった丁重さを前面に出す場合はどうですか?といった雰囲気の「願い」でもいいでしょう。


 これは、あなたが、いかに退社する会社をどのように見ているかによって変わります。


 一概にどうのこうのはいえませんが、退職願の提出にあたってトラブルが予想されたり、現実的にトラブルのなかで、提出するのであれば、「退職願い」というお伺いを立てるようなニュアンスではなく、退社は自分の意志決定で提出するという毅然とした態度を示す場合はやはり「退職届」のほうが似合っているかもしれません。



■ 退職願い サンプル
____________________________

退職願

私儀
一身上の都合により来る平成○○年九月三十日をもって退職いたしたく、ここにお願い申し上げます。
平成○○年八月十六日

第一営業部管理課

東京太郎 印

株式会社東京物産○○株式会社
 代表取締役社長 大阪一郎殿
____________________________


※ 普通には退職願い の場合、一身上の都合により」と書きますが、では具体的にといわれた場合は、聞かれた時答えるというスタンスで結構でしょう。


 また、退職に不満な場合、退職について一言言いたいよな場合は退に至る経緯や理由を記載することはいっこうに構いませんし、後々に争いになった場合などは、重要な証拠になる場合もあります。


 しっかりコピーを取っておくことも必要です、また、届け出の年月日は直接上司に提出した日付で宛先は当然社長ならびに人事部長等になるでしょう。


 また捺印も忘れずにお願いします。





璉 関連リンクサイト 退職届辞表書き方
退職願の書き方
関連リンクサイト 退職届辞表の書き方
JUGEMテーマ:ビジネス


< 退職届の記事の続きはココから >
< 退職届の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職届の書き方 | 2007.07.24 Tuesday 15:08 | - | - |
[ HOME退職届の書き方 > 退職辞職と解雇 ]

退職辞職と解雇

< 退職辞職と解雇の記事はココから >
退職辞職の問題と絡んで、この解雇という部分も未だ問題は山積しているような感じです。

 国のの経済白書とは違って現実的に働いているあなたもそうですが、解雇や退職に関するトラブルは多いと実感する場合もあるでしょう。


 「なんとも納得がいかない」とか「なんだこの会社は、とんでもないことを行う」と思っていても、日本人特有の「しかしどうしようもない」「仕方ない」と諦めとも、泣き寝入りをしてしまう場合もあながち多いのではないでしょうか?


 つまり、そんなあなたの考え方は仕事をするということは”会社に雇ってもらっている”という受動的な雰囲気でいると感じます。


 会社面接においてもそうですが、いかにも雰囲気的には「なんとか雇ってください!」そうかそれでは「雇ってやるか」といった言い方は悪いのですが、卑下した態度と尊大な態度に明暗が分かれるようです。


 しかし、法律上で考えてもこれはおかしい話なのです、基本は「仕事に就く、仕事をこなす」ということは対等な立場での契約関係を結ぶというのが本来の姿です。


 契約というと少し難しい雰囲気もありますが、決して会社と従業員といったばあいだけではなく、普通に電話に加入したり、生命保険に加入したりすることと同じです。

璉 関連リンクサイト 退職届辞表書き方
退職願の書き方
関連リンクサイト 退職届辞表の書き方
< 退職辞職と解雇の記事の続きはココから >
< 退職辞職と解雇の記事はココまで >
| カテゴリ : 退職届の書き方 | 2007.08.11 Saturday 13:55 | - | - |
[ HOME退職届の書き方 > 退職届とは ]

退職届とは

< 退職届とはの記事はココから >
退職届とは、辞職退職について上司(会社)が認知していることを前提として書面に表すつまり形式的な退職のスタイルです

退職退職届を提出すれば、本人の意思で退職したこととなり「自己都合退職」となりすね。

会社として、あなた(労働者)が本人の意志でいつ辞めたか、という証書として退職届を受理することでしょう

退職届の提出の期間ですが、会社の就業規則に、希望退職日の1カ月前までに退職届を提出するように定められています。

しかし民法の規定では最低2週間前に提出する必要があようです

そしてあなた(労働者)が提出した退職届を会社は拒むことができません。

辞職・退職の場合、あなた(労働者)は仕事の引継ぎなどをする必要がありますので、会社側としても仕事の都合上も1ヶ月前には退職届を出す必要でしょう

璉 関連リンクサイト 退職届辞表書き方
退職願の書き方
関連リンクサイト 退職届辞表の書き方
< 退職届とはの記事の続きはココから >
< 退職届とはの記事はココまで >
| カテゴリ : 退職届の書き方 | 2007.08.26 Sunday 16:40 | - | - |
[ HOME退職届の書き方 > 円満退社があなたを成功させる ]

円満退社があなたを成功させる

< 円満退社があなたを成功させるの記事はココから >
円満退社があなたを成功させる

■ 成功するあなたは退職辞職を円満の形で終わらせる!

 つまり、様々な理由で、退職辞職を余儀なくされますが、例えどんな理由にせよ、それが次に迎えるかもしれない転職の第一歩と考えましょう。

 「どうせ辞める会社だ、どうにでもなれ・・」といって『退職届』を出すような真似は避けたいものです。

 曲がりなりにもお世話になった会社ですし、会社に問題があったとしても同僚に迷惑をかけてはいけませんし、そんな態度は次の就職先でもそれなりの問題をはらむでしょう。

 決して次の就職においてデメリットこそあれ、メリットは少ないと思ってください、どんな時でも、冷静に堅強な態度を崩さず、「ご苦労様でした」「次の会社でもがんばれよ」と言われるような円満退社を心がけてください。


■ 円満退社は成功する転職の一部

 繰り返しのようですが、転職者の多くは、今までの仕事(業種)と関係した場合も多いのですし、また他の業種に就いた場場合も、新しい会社で、前の会社と関係する機会が無いとはいいきれません。

 さらに、前の会社の同僚と相談したり情報を交換したりするような場合があれば、円満退社をすることが今後においてスムーズな仕事関係を結べます。


■ 会社や同僚には迷惑をかけてはいけない。

 円満退社のための鉄則は会社、同僚に迷惑をかけないですから、そのためにも退職辞職の意思はなるべく早い時点で上司に伝え、進行中の仕事の引継は速やかに行うことを、考えてください、それと同時に必要のある顧客、取引先にも心配りを忘れずにしましょう。
< 円満退社があなたを成功させるの記事の続きはココから >
< 円満退社があなたを成功させるの記事はココまで >
| カテゴリ : 退職届の書き方 | 2007.10.29 Monday 17:17 | - | - |

RSSで更新状況をチェック
Go To Mobile-Site
qrcode
Author's Profile
現在表示記事
関連キーワード

退職届,退職願,退職後,定年退職